投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 全力全開(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. 全力全開(0)
  5. ブランド激安市場 bag53(0)
  6. ブランド偽物ブランド激安(0)
  7. ブランド激安市場(0)
  8. ぽろりっ(0)
  9. ぽろりっ(0)
  10. ぽろりっ(0)
  11. 全力全開(0)
  12. ぽろりっ(0)
  13. ぽろりっ(0)
  14. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全14)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ハスの講演

 投稿者:生蓮寺 高畑メール  投稿日:2018年11月 7日(水)09時53分19秒
返信・引用
  ハスの講演します。
参加者募集!

16:00 「あなたも綺麗になる蓮の話」 五條 生蓮寺 副住職 高畑公紀

日時  平成30年12月15日(土)14-17時
場所  五條市市民会館 3階会議室 (五條市本町3丁目1番13号)

参加申し込み
五條市教育委員会 生涯学習課
電話 0747-22-4001
事前申込制 参加費500円 (高校生は無料)



主 催  NPO法人五新線再生推進会議
後 援  五條市、五條市教育委員会

スケジュール
14:00  開会の挨拶  NPO法人理事長 新名 惇彦

14:05「樹木の形づくりのしくみに学び、実生活に活かす」
   奈良先端大・教授  出村 拓

14:55 「海洋汚染と生分解性プラスチック」
    大阪大・工・教授   宇山 浩

15:45 休憩

16:00 「あなたも綺麗になる蓮の話」 五條 生蓮寺 副住職 高畑公紀

16:50 閉会の辞


 

蓮の名を授かった子供たち

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2018年11月 1日(木)21時07分46秒
返信・引用
  新生児の名付けの人気結果は、今まで当会の理事・池上氏が過去の季刊紙「蓮通信」で会員各位にお知らせしていました。

2018年の結果が、ネット新聞ほかで公開されたので御報告。
過去に公開していた名付け人気ランキングとは、別の会社が調査した結果です。

11月1日(木)読売新聞から転載

【今年の赤ちゃん名前ランク「陽葵」「蓮」1位】

 ベネッセコーポレーションは1日、2018年に生まれた赤ちゃんの名前の人気ランキングを発表した。女の子は「陽葵」(主な読み=ひまり)が3年連続でトップ、男の子は2年ぶりに「蓮」(主な読み=れん)が1位になった。

 「蓮」「樹」「葵」など植物や自然を連想させる漢字がトップ10に多く、同社は「変化の速い時代だからこそ、しっかり根を張ってすくすくと育ってほしいという親の願いが反映されたのでは」と分析している。

以上、転載終わり。

◎私の個人的な感想を言わせてもらうと、蓮に持たれていた〔成仏・葬儀・お盆の花〕という偏ったイメージが薄れて、
《不浄や逆境に負けずに綺麗な花を咲かせる蓮の強さ》が評価されたと思っています。

蓮の様に清廉潔白な精神を持つ人が増えて、世の中が少しでも好転すれば…と願っています。
 

蓮池と環境保護に熱心な会

 投稿者:S-Nakao  投稿日:2018年10月13日(土)19時19分52秒
返信・引用
  埼玉県は首都圏です。都会でありながら蓮の愛好活動が盛んで、素晴らしいです。
東京蓮だより2018年秋号でも少し紹介された蓮の会を詳しく御紹介。

★以下に御紹介する内容は、今年の情報ではない為、誤りを見つけた方が居られましたら、御一報願います。
また、蓮談義での紹介に不都合があれば、御遠慮なく御一報願います。


由来/原市沼は、90年代にゴミの不法投棄が続いて悲惨になりました。それを地元の人たちが何年もかけて大掃除。
この沼では、戦前まで蓮が咲いていたそうです。
1993年、行田市から分けて頂いた[蓮の種]を広さ3坪の蓮池で育て始めます。
1996年、やっとの事で90輪ほどの開花に成功。
2012年には、敷地面積が500坪ほどになっていると公表されました。2018年の敷地面積は私は存じません。

蓮と蓮池環境を育てるのに必要な機材と資材をどうしているのかと言うと、非会員の花蓮見学に来た方々の御厚意(募金)を活用との事です。

団体名称/『原市沼を愛する会 』または『古代蓮と原市沼を愛する会』

『あげポタ』というサイトによると、1985年(昭和60年)に会の基盤が生まれたようです。
会員は全員ボランティアで、会費は集めません。1993年から古代蓮も育てています。

登録/《原市沼を愛する会》として、埼玉県生物多様性保全活動団体に登録。登録ナンバーは67。

目的/原市沼蓮池で古代蓮を育成・管理・蓮と自然保護の大切さを多くの人に知ってもらいたい 。

蓮の規模/年間でおよそ五千~八千輪開花。行田市古代蓮の実生品種。

来場者/五千人~一万人

活動状況/市民活動・学習・蓮の栽培と管理・蓮池の保護

主な活動場所/埼玉県上尾市 原市沼蓮池

主な活動日/毎週日曜の午前中・他にも有り。

会員数/2013年には約30名 と公表されております。2018年度の会員数は私は存じません。

会費/無料(2018年までの情報)。

入会条件/無し(上尾市外の方でも入会できます)

★蓮だけでなく、蓮池周辺の生態系・生物相・植物相・自然環境の保護について、広く認識しているという姿勢は、他の多くの蓮愛好会にも共通します。
 

加賀蓮根のテレビ番組

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2018年10月 3日(水)22時22分26秒
返信・引用 編集済
  うまいッ!「モチモチが魅力!加賀れんこん~石川・金沢市~」
放送予定=NHK総合(地デジ)10/07日曜 8:25~8:57 地震発生や臨時ニュースにより、中止になる事があります。

全国放送で、加賀蓮根が紹介される事は少ないので楽しみです。
 

動画の御紹介

 投稿者:S-Nakao  投稿日:2018年10月 3日(水)21時38分26秒
返信・引用
  YouTubeを探したら、有りました…。
2014年に公開された、鏡池のハスと、オーナー市田氏の紹介動画。
ハス栽培のきっかけや、将来の夢などが語られます。
4品種の交雑により得られた種で、オリジナル新品種《市田蓮》が出来るかも…。



『オホーツク情報発信番組【北見】~日本最北の蓮池&Lotus Cafe~』
2014年公開

https://youtu.be/CoUFxA7qFwk

     ↑   ↑
上のURLをクリックすると視聴できます。13分ぐらいです。
 

北見市の蓮の会

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2018年10月 3日(水)13時43分52秒
返信・引用
  『ハス池・さくら庭園を支える会設立』 伝書鳩webより転載

会長(82) 歌まで作ってしまったボランティア
市田オーナーの男気に惚れ込み、手伝いは生きがい「あんたもやらんかい」

北見市小泉の山麓に造成されたハス池の管理を手伝う市民達がボランティア団体「ハス池・さくら庭園を支える会」を設立した。会長の男性(82)=北見市内=は「なんでも一人でやってしまうオーナー(市田信一さん)はすごい。少しでもオーナーの負担を軽減できたら」と休憩所の改築やハス祭りの企画などあれこれ買って出る。

 20年近く前に土地改良区で出会ったのが最初。自宅庭に手づくり水車を回す市田さんのことを「変わり者だと思った」と男性。しかし男性も自宅庭に風車を建て、お互い様。長く農業に励み、2人は年齢も近い。

 男性は、市田さんのことを「好奇心旺盛で、夢の大きい、すべてに長けた人」と慕う。「ボランティアは老いぼれ爺さんの生きがい。あんたも一緒にやらんかい」と笑う。

 作詞の才能のある男性はロコ・ソラーレの応援歌を作り、チームにプレゼント。市田さんのことを綴った「蓮見る人」は市内の音楽家・国井よしのりさんが曲をつけ、DVD化された。「最北のハスを育む、漢(おとこ)のロマン♪」

 ボランティアは個々で行ってきたが、10年の節目としてこれまでハス池の運営に寄進してくれた個人・法人などを会員に、支える会を立ち上げた。市のまちづくりパワー支援事業に申し込み、市田さんの熱いプレゼンテーションで採択された。

 その資金で、あずま屋を改築。「これからもお手伝いさせていただき、良くしていきたい」と夢を抱く。(寒).
 

RE:北海道の蓮

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2018年10月 3日(水)13時38分31秒
返信・引用 編集済
  情報をありがとうございました。既にこの話題で盛り上がっていたハス愛好家は多いと思います。
私なりに調べてみました。


“日本最北にハス名所!北見市小泉・鏡池と蛍池のハス”として話題になっていました。

市内で農業を営む 市田信一氏が20年ほど前から育て始めたそうです。蓮の栽培法は独学プラス、本州の専門家にアドバイスを受けながら、
管理の方は、10年前から市民ボランティア『ハス池・さくら庭園を支える会』ほかの協力で、継続しています。

高畑博士の現地調査では茨城生まれの『からすま2号』が確認できたと言う事ですが、他には千葉市から導入した『オオガハス』や、蓮とは全く別生物の『睡蓮』も植えていて、現在のところ無料で観覧できます。
今年8月5日には蓮祭りが開催され、小型馬のポニーが観られる等、北国らしい演出も。
鏡池の近くには《蛍池》なるロマンチックな名前の蓮池があるとの事。

高畑博士ご確認の[からすま2号]なる品種を、私は知りませんでした。どのような品種なのか、仔細の御報告を公開頂けると幸甚です。

然し、秋になっても咲き続けるハスというのは、気候のズレも影響あると思いますが羨ましい限りです。
本州の専門家ってどなたでしょうか?。千葉市の方? ひょっとして蓮文化研究会の関係者?。

●動画が見られるサイト●
『北海道映像アーカイブス』
http://hokkaido-video-archives.com/video/064/

●カラー写真と観光案内の記事●
『伝書鳩WEB』
https://denshobato.com/BD/N/page.php?id=109929

『北海道ファンマガジン』
https://pucchi.net/hokkaido/yukarimiura/201309hasu.php

『北海道じゃらん・北見ハスの池』
https://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/guide/k01508

『JAきたみらい』
https://www.jakitamirai.or.jp/tsushin/local-news/7176/

『超!!旬ほっかいどう』
https://plaza.rakuten.co.jp/machi01hokkaido/diary/201308250000/

『北見市ホームページ』
http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2016110800100/
 

北海道の蓮

 投稿者:生蓮寺 高畑メール  投稿日:2018年10月 2日(火)16時39分41秒
返信・引用
  北海道 北見の蓮
9月20日撮影

お寺の仕事で北海道に行き、ついでに噂の北見に行ってきました。
花が咲いていることはないだろうと思っていたら、なんと咲いていました。

びっくり仰天

幸運にも、育てている人に話聞けました。
品種は茨城県から取り寄せた<からすま2号>

黄連の血が混じっています。種はほとんどできていません。
京都花蓮研究会の蓮品種リストには未掲載でした。

肥料は稲作用の一発肥料
冬は水深を80cm~1mにしてレンコンの凍結を防いでいます。

 

高野の蓮畑

 投稿者:ペコちゃんメール  投稿日:2018年 9月29日(土)16時26分34秒
返信・引用
  今の次期は、とても臭いどぶ臭い?どうにかならないですか?  

植物の認識を変える研究

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2018年 9月24日(月)23時58分2秒
返信・引用
  多くの人にとって植物は、動く生命体(無脊椎動物も含む)と違う生き物として認識されています。伸び過ぎた枝を切ったり、切り倒したり、根を切られたりしても何も感じないだろうと思う人は多いです。此れに反し、園芸愛好家の人々は、『植物に話しかけて誉めてあげると発育が良くなる』等の発言をしてきました。植物を可愛がる心優しい人たちの発言が、正しかったと認識されうる研究報告を見つけたので転載します。

『植物は痛みを感じるのか ? ダメージを全身に伝える仕組みを埼玉大が発見』
2018年 9月24日(月)17時34分 財経新聞より転載


植物は果たして痛みを感じる能力を持っているのだろうか。これは難しい問いかけであり、ここにおいて回答を示すことはできない。ただ、植物が、その構成体の一部に「傷がつけられた」という情報を、全身に伝える情報ネットワークを持っているという事実が埼玉大学の大学院理工学研究科豊田正嗣准教授らの研究によって解明された。

 植物には脳や神経はない。動物であれば脳や神経が「痛み」を連絡するわけであるが、植物においてはそれがどのような形で行われるのかという問題は、長年にわたって不明のままであった。ただ、全身性の防御機構がある種の植物に備わっていることは既に知られており、そのような存在が予測はされていたのである。

 今回の研究によって明らかになったところでは、その情報伝達物質は、グルタミン酸であった。あのいわゆる、うまみ調味料として知られているグルタミン酸と同じ物質である。植物のうまみ成分は、もしかしたらであるが、痛み(傷害情報)を伝えるものとして働いているのかもしれない。

 さて、具体的にどういうプロセスであるかというと、植物が害虫などによって攻撃されたとき、傷ついた細胞からグルタミン酸が流出する。このグルタミン酸が受容体に結合すると、細胞内にCa2+シグナルが発生する。そしてそれが師管(養分を運ぶための器官)を経由して、全身に伝播することが明らかになったのである。

 なお、今回の研究によって発見された、このグルタミン酸受容体を標的とすることで、病害虫を殺すことなく駆動する、植物の防御反応を制御する、新しいアミノ酸型農薬を開発することが期待されるという。

 研究の詳細は、Glutamate triggers long-distance, calcium-based plant defense signaling(グルタミン酸は、植物の長距離防御カルシウムシグナルを引き起こす)と題され、Scienceに掲載されている。


これ等の研究を知ると、植物に対する認識が変わりそうです。植替えで蓮根をバキバキ切るときも、蓮根に声をかけたくなるでしょう。
 

/203