投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:白黒はちろく  投稿日:2020年 1月18日(土)13時40分57秒
返信・引用 編集済
  今オフの補強に関して…正直なところ以前のようなクラブ運営であれば、菊池大介や重廣と云った辺りの選手が福岡のユニフォームに袖を通すこと等はまず「あり得ない」ものだと思っていたのですけどね…。
昨季のチーム創りで“頓挫”をきたした点も教訓として、ポイントを押さえた編成ができているようにも感じています。


選手獲得等のリリースが続いていた中、個人的に特に関心を抱いたのが「分析担当のコーチ就任」の報で…彼がスカウティングを担っていた時の筑波大学のチームには天皇杯のゲームであっさりと一蹴されてしまいましたし、その年の筑波大は天皇杯3回戦までYSCCにベガルタ、そしてアビスパとJクラブとの試合を次々と制したことで、その“データ分析”や“スカウティング能力”について大きく取り上げられていたものです。

昨季同様、新たな“チームスタイル確立”に着手しつつそのシーズンでの“J1昇格”を成し遂げようとするのは非常に困難なことであって…チームの完成度が上がっていない段階でも勝ち点を積み上げていくためには対戦相手の“分析”と“対策”が不可欠であり、その点で「有能なスカウティング担当」の存在は非常に重要となってくるものだと思っています。



もうひとつ気になったリリースが、久藤前監督の「群馬のヘッドコーチ就任」なのですが…個人的にも他のクラブでの多くの経験を経ることで今後の飛躍を願う一方で、彼の指揮官としての問題点は“経験値”の不足よりも“言語能力”の方だとも思っているのですよね。
京都で指揮を執っていた時の布部もそうでしたが、メディアで公表されるコメント等が“抽象的”と云うよりも「曖昧さで解りにくい」表現に終始している指揮官の場合、その多くが概してチーム状態を向上させることができていないものです。
指揮官の“意図”にしろ“ゲームプラン”にしろ、的確に選手たちに伝えるにはそれらを明確に「言語化する能力」も重要となるもので…嘗てオシムが指揮官として多くの選手たちに影響を与え続けることができたのも、その“語録”にもあるような「言葉の説得力」に拠るものだと思っています。

久藤にしても布部にしても…今後も「プロの指揮官」としてのキャリアの継続を望んでいるのであれば、そのような能力を培っていくための“努力”が求められて然るべきだと思うのですけどね。




 

(無題)

 投稿者:白黒はちろく  投稿日:2020年 1月16日(木)22時45分10秒
返信・引用
  AFC J-23のGL敗退に関しては、本来この大会の目的となるべき「五輪の出場権獲得」がホスト国であるが故に確約されてしまっていることでの弊害…謂わばチームとしての“モチベーション”や“一体感”の醸成が困難であることにも起因していたと云えるものです。
チームとしての目的を欠いた状態で、況してやレギュラークラスの欧州組が不在のゲームとなれば選手個々の意識が自身の「代表選考へのアピール」へと傾倒してしまうのも無理もない話であって…チームへの“献身”よりも自らが「直接得点に絡む」パターンや自身の「ミスを避けるため」のプレーに固執する等、それらが優先的にチョイスされるようになればチームは“組織”としての機能性が大きく損なわれていく傾向となるものです。

5年前にJ3リーグで編成されていた“J22選抜チーム”にしてもまさに「そのもの」だったと云えるもので、当時スタジアム観戦したレノファ戦は目を覆うほどの惨憺たるものでした。
但しこれらは単に選手“個”の問題として捉えるだけでなく、組織的なマネージメントに因るところも大きいとの認識も必要だと思っています。



2016シーズンの夏に加入してきた三門が当時の福岡のチーム状態に関して「怖がって(ボールから)逃げている」と発言していたのも、このクラブチームの“組織風土”が前述の類いと同様のものであることを的確に指摘していたものと云えます。
選手の一部からはそれに対しての反発もあったようですが、そのことに関して選手間でのディスカッションがあった訳でもなく…。
チーム状態が良くない時ほど「当事者意識の低い言動」が目につくようになり、その後に状況の改善が図られることも殆ど無い…と云うのがこれまでのこのクラブの実情ですね。

選手間での「意識のギャップ」を埋めることができなければチーム内には“一体感”も“結束”も生じることはないと考えるべきで、今季新たなチーム創りの着手に際しては選手個々の意識改革も不可欠だと個人的には思っているのですよね。
昨季のホームゲームでも、チャントの合間に聴こえてくるのは対戦相手の選手たちの声ばかりで…結局のところ「言葉で伝える」と云うことすらサボタージュしているチームに“意思疎通”や“共通理解”等が図れるはずもなく、あのような体態であればいつまで経ってもチームの完成度など上がるはずもないものです。


確固たるチームスタイルを確立しようとするのであれば、クラブとして選手個々にも「プロとして当然」のものを求めていくべきであって…そのクライテリアも明確にしていくべきだと思います。




 

(無題)

 投稿者:博多の人  投稿日:2020年 1月16日(木)09時27分0秒
返信・引用
  宮崎キャンプの日程が決まりました。非公開の日があるみたいですがどのようなキャンプになるか楽しみです。
選手は怪我に気を付けて無事にキャンプを乗り越えて欲しいです。
 

2020年始動

 投稿者:博多の人  投稿日:2020年 1月13日(月)23時50分16秒
返信・引用 編集済
  アビスパ福岡の2020年が始動しています。
松田選手やヤン選手といった主力処が退団しどの様な戦力になるか不安でしたが、
蓋を開けると近年見ない良い補強が出来たと思います。
長谷部監督が水戸時代の教え子である前選手や、福満選手、村上選手を獲得出来た事や
ファンマ選手や菊池、湯沢、重廣選手など実力者が多く加入し他の掲示板でも福岡を上位の候補として多く挙げられています。
昨年がとても残念な結果だったので、5年周期と言うオカルトもある今年の昇格に向けて追い風が吹いています。
今年こそはJ2を制覇してJ1定着のステップにして欲しいです。
それから、現時点ではもう一人元日本代表の選手獲得の噂もあるみたいです。
背番号11が空き番ですのでそこに当てはまる可能性があります。
今年は期待できるシーズンになりそうです。
 

(無題)

 投稿者:白黒はちろく  投稿日:2019年12月28日(土)12時39分10秒
返信・引用 編集済
  2019シーズンのゲームにおいてスタジアム観戦で楽しむことができたのは、水前寺での熊本vs北九州の九州ダービー位しか思い浮かばない…と云うのが正直なところで、それ程に今季の福岡のチームは「惨憺たる状態」であったと認識しています。

ゲーム展開においてそれなりの“ポゼッション率”と“イニシアティブ”を確保することを目論んでの始動だったのでしょうが、シーズン前に必要と思われるような選手獲得が進まなかったことでクラブとしては「妥協的な編成」でリーグ戦に挑む以外は為す術がなかったと云うのが実情だったのでしょう。
それが故に選手個々に対してはそう云ったスタイルにフィットするための相応の“覚悟”や“苦闘”をも期待をしていたのですが…結局はクラブ全体がこれまでと同様に個々の“サッカー観”やその“意識”における「選手間の温度差」を等閑にしてしまったことで、シーズン終了まで“チーム”として機能したゲームはほぼ皆無であったと個人的には思っています。
指揮官の交代による「チームスタイルの根本的なシフト」もそのような状況を助長してしまったとも云えますが、例えペッキアが退任することなく最終戦までタクトを振っていたとしても今季のメンバー構成のままであったら結果に大差はなかったのかも知れませんね。

どれ程有能な指揮官や代表クラスのタレントであろうもオーガナイズされていない環境下ではその能力を発揮するのも困難なことからすれば、チームスタイルの“ベース”を確立しようとするのであれば先ずはパッケージング(基本骨格)を重要視すべきであって…その点で今回新たな指揮官の下でのプレー経験がある選手を獲得できたことやそれなりの“運動量”や“献身性”が見込めるプレーヤーへのオファーが為される等、今季の反省点を踏まえての来季に向けたクラブの的確な動きは非常に評価できるものと捉えるべきなのでしょう。


それにしても、今オフはリーグ内での「動き」が大きいようで…例年以上に興味深くはありますね。




 

(無題)

 投稿者:白黒はちろく  投稿日:2019年12月11日(水)06時13分15秒
返信・引用
  POの湘南と徳島を除いたJの全リーグの今季の“結果”が確定し、各カテゴリー間の差異に関わらず概して云えるのは「チームマネージメントに大きな問題」を抱えているクラブや「強化方針が定まっていない」或いはシーズン中途での「戦術やチームスタイルの極端なシフト」等で組織としての方向性に大幅なブレを生じたチームほど“下位”や“降格圏”に沈んでしまう…と云ったところでしょうか。

資金面からすれば国内リーグでは「ビッグクラブ」と定義できる浦和や名古屋にしても…浦和の場合は槙野が言及したように、ペトロヴィッチ体制時の“ミシャ式”が染み付いた固定メンバーを当時と大きく変化していくチームスタイルにおいてもそっくりそのまま嵌め込もうとした“ミスマッチ”を2年もの間等閑にしてきたことで今季終盤の大失速を齎すことになったのでしょうし、名古屋については今更改めてここで問題点を列挙する必要も無いのでしょうが…フィッカデンティに攻守一体の“攻撃的サッカー”を期待して「来季の続投を要請しよう」等と云った、どこをどう評価すればそのような結論に辿り着くのか大いに理解に苦しむところです。
湘南の“パワハラ問題”にしても「云わずもがな」でしたし…鳥栖に関しては大口スポンサーの撤退によるマイナス分を「トーレス特需」でなんとか埋めようとする“皮算用”だったのか(?)、トーレスのためだけに能力的に未知数の指揮官であっても「複数年の条件を提示してまでの招聘」と云った“ギャンブル”に出たことで結果的にはその違約金で更に自らの首を絞めることになってしまった訳で…。

これら他のクラブにおける「多岐に渡る様々な問題点」も、自らのクラブ強化を進めていく上では“教訓”として位置づけることができるものです。


福岡の今季についても同様に種々の問題点を挙げることができるのですが…それよりも先ずは過去の日和見的な“ご都合主義”でのクラブ運営によって長年放置されてきた独善的な“利己主義”が蔓延することでの「帰属意識の希薄さ」がチーム強化の妨げにもなっている点について何らかの“措置”を講じるべきだと思うのですよね。
「チームスタイルの確立」をミッションにしようと云うのであれば、そのスタート時点でのメンバー構成やレベル的な観点からシーズン毎の“到達点”や個々に求められるべき“タスク”を予め明確にしておくべきで…その点が曖昧だと今季のようにピッチ内外での御座成りな言動を誘発するものですし、各方面や個人が自己保身に走れば組織としての根幹すら朽ちてしまうと考えるべきでしょう。
シーズン前のキャンプの時点で「優勝が可能なメンバー(構成)」と発信しておきながら、終了時点では“チーム編成上の不備”を「最初から判っていたこと」等と論う外野にも二の句が継げないのですけどね…。

“補強”に関して云えば、ここ近年にある程度の実力を有する選手をレンタルだとしても引っ張ってくることができたのは「井原ブランド」の恩恵以外の何モノでもなく…例え「ベニテスの右腕」との謳い文句等を掲げたところで、“未知”の地方クラブにそれほどの選手層が確保できる等とは期待できるはずもないものです。
「福岡ブランド」とは未だその程度の低いレベルにしかないとの“自覚”も必要でしょうし…そこを向上させる上でも、魅力的で確固たるスタイルの確立が必要だと考えるべきなのでしょうね。



 

(無題)

 投稿者:てん  投稿日:2019年11月24日(日)16時15分35秒
返信・引用
  久藤さん、お疲れ様でした。シーズン途中からの交代、誰かが引き受けなければならないという状況、難しかったとおもいます  

(無題)

 投稿者:てん  投稿日:2019年11月17日(日)14時34分42秒
返信・引用
  令和元年は、鹿児島に負けで始まり、鹿児島に負けで終わる。  

(無題)

 投稿者:てん  投稿日:2019年11月17日(日)08時44分30秒
返信・引用
  せらんてすって、そんなに良いですか?高評価みたいですね。まだ、かみやまの全盛期、あの頃の航輔、の方が良かったなと思って見てるんですが…、まあ、今シーズンのはじめから、期待した選手って、ひとりもいませんでしたけどね…アビのキングを筆頭に。来季から、リフレッシュ再建を願うばかりです。練習は嘘つかないんと違いますか?ホークスのように。  

(無題)

 投稿者:白黒はちろく  投稿日:2019年11月17日(日)07時41分42秒
返信・引用
  選手個人としてはその全員が「闘おう」とは思っているのでしょうけれども、チーム自体が“組織”としての体を成していないために結局は個々のところで「闘えていない」のが現状ですね。

第39節の対戦相手が「ポゼッション率80%」等と云った、あまり意味を感じないスタイルを理想としてエスナイデル並みのハイラインを仕掛けてきた永井ヴェルディだったのが幸運だったとしか云いようがなく…そのゲームでの勝ち点3が無かったら降格する典型的なパターンに嵌まっていたかもしれません。


結局のところチームの“強化”と云うものには「継続が不可欠」なのであって、残留が決まった後の消化試合であっても“それ”に向けての努力が為されて然るべきなのですけどもね…。



 

/1138