teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ロックの日に

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 6月 9日(火)01時32分59秒
  ブログを開設いたしました。
今後はそちらにて更新していきたいと思います。
よろしくお願いします!

http://msd-keeponrockin.blog.so-net.ne.jp/
 
 

清志郎さんと上々颱風

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 5月11日(月)16時49分59秒
  5/9のよく晴れた土曜日、
歌姫・映美さんにお誘い受けて
上々颱風シアターライブへ行ってきました。

そうだ、その日は清志郎さんの告別式が行われているので
直接ご本人とお仕事したわけではないけれど
RCの紙ジャケットCDを何作か作らせてもらったし
なにより一ファンとして献花をさせてもらおうかな。。
夕方、事務所のある表参道・骨董通り近辺へ行ってみました。
結果、報道のとうり、ファンの行列で大変なことになっていて
献花は断念。ホントに愛されてたんだなと実感しましたよ。

上々颱風の映美さんも
少なからずショックを受けていたようですが
その夜のライブはいつもどうりのお祭りライブ。
凹んでた気持ちが少し癒された気がして感謝。

やっぱり音楽ってイイな。
 

追悼。

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 5月 3日(日)12時45分15秒
  忌野清志郎さんが逝ってしまった。

初めてその姿、音に出会ったのは
1979年12月のジョニー、ルイス&チャー武道館公演の前座として
RCサクセションのライヴを初めて目の当たりにした時。
その時の衝撃があまりにも大きかったので
その後、RCがなにをしようが清志郎がどんな突拍子もないことを歌おうが
けっして驚きはしなかった。それが清志郎だから。
最後まで素敵なミュージシャンでした。
ご冥福をお祈りいたします。

そのライヴをいっしょに目撃した
バンド仲間で親友も5年前に逝ってしまい
そして清志郎も。なんだかとっても悔しい。。。
5年前に大きく空いてしまった心の穴
少しは小さめになってきたかな?って気はするけれど
完全にふさがることはないな。一生。
 

行ってきました!

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 4月24日(金)00時11分5秒
  坂本龍一『playing the piano 2009_out of noise tour』。

急に『行きたい!』って思い立ったので
東京公演はすでにSOLD OUT。
いろいろ探ってぎりぎり席を見つけたのが
本日4/23のグリーンホール相模大野公演。
2階席の後ろから2番目でしたが(笑)

コンサートはといえば
すごい良かった!ホントに行って良かった!
Merry Christmas Mr. LawrenceもHappyendも
Behind The MaskにPerspectiveも
モリコーネの1900も…聴きたかった曲満載。
2度目のアンコールで最後に「Put Your Hands Up」
(亡くなった筑紫さんのNEWS 23のエンディング曲)
のメロディが流れ始めた時、おもわず涙ぐみそうに。。。
ピアノだけでこんなにもエモーショナルに聴かせてくれるなんて。

あぁ坂本龍一。
まだまだ当分ハマリ続けそうだ。
 

坂本龍一 Playing the Piano /09

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 4月22日(水)02時31分14秒
  いよいよ明日、行ってきますよ。
楽しみだぁ。
 

ホノカアボーイと坂本龍一

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 3月29日(日)00時14分35秒
  映画『ホノカアボーイ』を見てきました。
ハワイ島のホノアカアでのゆっくりとした日常のお話。
町のお年寄りが亡くなること以外、
別に大事件が起こるわけでもない話だけれど
なんだかとっても暖かくてほろっとさせる物語。
いやぁ癒されるなぁ。

そして坂本龍一。
今、教授は新作『Out of Noise』をリリースし、
久々に全国ツアーの真っ最中。
その3月18日の初日から最終日までの全24公演を
すべてライヴレコーディングして、
終演後24時間以内に次々にiTunesで配信されるという試みをしています。
それがとってもイイんだな、これが。
『Playing the Piano 2009』と謳い、ピアノの弾き語りのみで
曲目もその日その日の気分で決めているらしく
曲間のMCでもいつもの教授らしいぼそぼそとした語りも含まれていて
こちらもとっても癒される。
iPodに入っている30000曲超の中から
この一週間はこの音源だけがくり返しくり返し再生されてます。

ホノカアボーイといい坂本龍一のツアー音源といい
日々の過酷な(笑)仕事で疲れ切った気持ちと身体が
自然と欲しているのだろうか?(なーんてね)
いや、ハードだけれど仕事は楽しんでやってますケドね(笑)
 

祝・WBC連覇!

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 3月25日(水)03時07分11秒
  今回ばかりは無理かと思ってた。
うれしい。ホントによくやってくれました。
対韓国戦が5試合もあって
けっこうお腹いっぱいにもなったりしたけど。
キューバに連勝、アメリカにも勝利。
何度もいうけど、ホントによくやってくれた!
ピッチャーに関してはやっぱり世界一なんじゃない?
決勝打のイチロー、あの場面はかなり集中してたね。
でも、MVPは岩隈だろ。どうみても。

とにかくオメデトウ!侍ジャパン。
 

JEFF BECKと山口冨士夫

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 2月10日(火)14時43分25秒
  JEFF BECKのライヴを見に、NHKホールへ行ってきた。
ここ数年変わらぬフィンガーピッキングから演奏されるギターの音は
やっぱり唯一無二。
客席には、プロもアマチュアもたくさんのギタリストがいたんだろうな。
顔見知りの音楽業界の方などもちらほら。
なんか見た目もこの20年くらい変わってない感じだぞ、BECK!
それよりもなによりも、今回のバンドメンバーの中の
女性ベーシストが非常に気になった。
タル・ウィルケンフェルドという若干23歳(!)の小娘。
本当に小娘って感じがする小柄なかわいらしい感じなんだけれど
超が付くベテランたちに混じってブリブリとリズムを刻んでいた。
心なしかBECKたちも若いお嬢さんが加わって、楽しそうだぞ!

その夜、夢を見た。
同窓会の二次会のような場で
幼なじみたちと久しぶりにワイワイ賑やかに楽しんでると
そこへヒッピー風のお兄さん方が3人やってきて
「オイ、今日は久々にバンドの練習をするぞ!
早くベースを用意して来いヨ!」と声をかけられた。
よくよく見ると声をかけてきたのは山口冨士夫(!)
ってことは俺は村八分のベースってこと?
なぜかすぐ近くにハードケースに入っているベースを発見。
それを手に冨士夫さんたちと二次会会場を後にすると
みんなに「がんばれよー!LIVE行くからなー」って声をかけられた。
そこまでで終わっちゃったんですが
これはどういう夢なのか?なんで山口冨士夫なのか(笑)

いやぁ、JEFF BECK。最高!
 

なるほどなるほど...

 投稿者:きん太  投稿日:2009年 1月30日(金)23時39分25秒
  そんな後日談があったんだ...
なかなかいい話だね...
 

こちらこそ、オメデトウ!

 投稿者:さいとうみちよ  投稿日:2009年 1月25日(日)23時15分38秒
  なんでそんなことまで覚えてんのよ!
ってくらい当たってます!

テーブルの上に…>
あれは実は
Paul McCartneyのファーストソロアルバム『McCartney』の
アルバムジャケットの表4(ジャケット裏面)の
コートの中の腕に生まれて間もない子どもを抱いて
とってもいい笑顔で写っているPaulのポートレートが大好きで
それをぜひ子どもができたらまねしてみたかったんだ。
それでダッコシーンを撮りに、たまたま遊びに来てくれたきんちゃんと
外へ出てったんだな。
で、テーブルの上の布とビー玉で何がしたかったのかは
そのPaulのアルバムの表1(アルバムジャケット)を見て貰えばわかるよん。
表4のポートレートを撮るならば
その表側もパロディしてみたいと思ってね。

その2つの写真は当時勤めてたSony Musicの社内報の表1-4に使ったんだけど
(グループ各社のデザイナーなどが持ち回りでデザインしてた)
制作中に本社の総務から、赤ちゃんとはいえ自分の家族の写真を載せるのは
社長や会長ですらしてないのでいかがなものか とクレームをつけられました。
それに対してまだ若かった僕は
「これはPaul McCartneyのファーストソロアルバムのパロディで
BEATLESを解散してずっと友だちでもあったメンバーとも離ればなれになって
音楽を続けていくことも、これから将来のことももの凄く不安な状態にあった当時のPaulが
唯一、生まれたばかりの自分の娘を愛おしそうに腕に抱いて
満面の笑顔で自分のアルバムジャケットにおさまっているのがずっと昔から大好きで
自分が娘を持った時にも同じような笑顔で娘を抱いてあげたいって
強く思い続けてきた結果、現在の音楽ビジュアル制作に携わることが出来たんだと思います。
会社のルールも大切かもしれませんが、そんないち音楽ファンの熱い想いを
社内報という場に発表することはそんなにいけない事なんですか?
しかも音楽で夢や希望を与える、レコード会社内でもダメなことなんですか?
なんて反論して、結局そのまま掲載&発行してもらえました とさ。
今思うと、ハズカシスよ(笑)

そんなことはさておき
手術終わったんだね。ひとまずは退院おめでとう!
無理せず、ゆっくりとね。
でも、早くいっしょに呑みたいなぁ。
 

レンタル掲示板
/10