投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 全力全開(0)
  3. ぽろりっ(0)
  4. 全力全開(0)
  5. ブランド激安市場 bag53(0)
  6. ブランド偽物ブランド激安(0)
  7. ブランド激安市場(0)
  8. ぽろりっ(0)
  9. ぽろりっ(0)
  10. ぽろりっ(0)
  11. 全力全開(0)
  12. ぽろりっ(0)
  13. ぽろりっ(0)
  14. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全14)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


蓮の本を歓迎

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2017年11月22日(水)15時13分46秒
返信・引用
  高畑博士様。蓮の本を上梓されるそうですが、ワクワクしながら待望しております。
日本の博士から、蓮の本が上梓されるのは久し振りであります。
会員の中にも、ファンが複数居られるでしょう。
 

Re: マムカラ交配種初めてですね。

 投稿者:生蓮寺 高畑メール  投稿日:2017年11月19日(日)23時38分56秒
返信・引用
  > No.2258[元記事へ]

♂祇園×♀マムカラです。
レンコンは肥大化し、耐寒性を持たせています。
来年出版する蓮の本に詳しく掲載しています。
もうしばらくお待ちください。

必死で校正中です。

 

蓮根の日

 投稿者:会員S-Nakao  投稿日:2017年11月17日(金)14時14分28秒
返信・引用
  11月17日は蓮根の日だそうです。お天気サイトのTenki JPに、詳しい解説があります。  

マムカラ交配種初めてですね。

 投稿者:千島秀元  投稿日:2017年10月12日(木)14時03分44秒
返信・引用
   掲載いただき大変嬉しく喜んでいます。

 マムカラの実は2006年4月、8月と、芦原のマムカラ湿原を掻き分け、35

粒持ち帰っていますが、熱帯性なので地下茎が肥大化しません。
 このため越冬がうまく行かず、方々で絶えています。

 しかし高畑博士の生蓮寺境内では、たった一粒のマムカラの実が四年間

も越冬し、ついに交配種の「生蓮寺華蓮」が咲き、夢のようです。

 写真ではマムカラよりも花弁が丸めな、内側の花弁も整う端麗な花姿に

見えます。いずれ実物をじっくり眺めたいものです。

♂♀は「祗園」、「マムカラ」のどちらがどちらでしょうか?

 来年春に地下茎が肥大化するかどうか、楽しみになりました。
 

まだ咲いています。

 投稿者:生蓮寺 高畑メール  投稿日:2017年10月12日(木)11時22分56秒
返信・引用
  10月12日撮影 千島さんがオーストラリアから持ち帰ったマムカラと
私が交配した生蓮寺華蓮(祇園×マムカラ)です。関西はここ数日暖かかったので、
開花してくれました。

マムカラ 縦写真
生蓮寺華蓮 横写真

http://www.ozizou.jp/hasu-tane.html

 

蓮の花托、実について質問

 投稿者:ななし  投稿日:2017年 9月21日(木)20時29分1秒
返信・引用
  最近、蓮について調べています。その中でお聞きしたいことがあるので投稿させていただきます。
①花托が膨らみ始める時期
②蓮の実の食べ頃の時期
③花托(果托?)が茶色になる時期
④「蓮の実飛ぶ」(実が落ちる)時期
これらについて、おおよそ何月頃かお教えいただけないでしょうか。ばらつきがあるなら大雑把で構いません。(自分の調べ方が悪かったのか、大体晩夏から秋頃かな? としかわかりませんでした……。)
よろしくお願いします。
 

Re: 青と紫の蓮

 投稿者:生蓮寺 高畑メール  投稿日:2017年 8月30日(水)23時33分7秒
返信・引用
  > No.2253[元記事へ]

ナカオ様
ありがとうございます。

ご察しの通り、花は乾燥気味です。
ある肥料微量成分を過剰に与えました。

先行実験で、青くなるための理論上の必要量を与えたところ、枯れてしまいました。
この写真の鉢には半分量を与えたところ、何とか生育していますが、
浸透圧の問題で、乾燥気味です。

来年は浸透圧耐性のある品種を探して実験です。

 

生蓮寺の動画

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2017年 8月30日(水)03時48分10秒
返信・引用
  YouTubeに投稿されている「寄足山 生蓮寺」関連の動画を、
「ハスが好き/蓮文化研究会チャンネル」の中に、まとめてコーナーに致しました。
高畑様の法話も入れさせて頂きましたが宜しいでしょうか?。

お時間の出来た時に、立ち寄って頂けれは光栄です。
 

青と紫の蓮

 投稿者:会員のS-Nakao  投稿日:2017年 8月30日(水)03時39分53秒
返信・引用
  拝披 高畑様。

拝見したところ、御写真の蓮には、花弁先端に暗い青紫色が観えます。
花弁の地色は
淡い「京紫」=赤みを帯びた紫色の様に観えます。
気になるのは、花弁全体が乾いている様に観える事です。

デジカメで写真を撮ると、肉眼で視ている色彩と違う色になる事が多いので、写真用のソフトで
修正したり調整したりしますが、正確な色彩を再現するのに苦労します。

この御写真も、実物はもっと鮮やかな発色だったものとお察し致します。

私は、実物の御花を視ていませんが、写真で見る限りでは
花全体が紫色に観える事から

『紫蓮華は智の象徴・多くの如来に会える」という仏教上の教義にふさわしい例に出会えたものとして、ありがたく拝ませていただきます。
 

青い蓮

 投稿者:生蓮寺 高畑メール  投稿日:2017年 8月29日(火)23時23分18秒
返信・引用
  青い蓮の話題が出ていたので、参戦です。
青い蓮を見ようと、肥料の成分を調整して色の調整を試みました。

結果、写真のようになりました。
来年こそは、綺麗な青色の蓮を咲かせたいです。
 

/200